AIRMAN

エアマン

Airman 7

エアマン7

53mm径の大型ケースにムーブメントを3つ搭載した初代「エアマン」は、2006年のバーゼルワールドにて発表されるとすぐに海外時計専門誌を中心に注目を集め、鮮烈なデビューを果たしました。

 

その「エアマン7」の名を冠した本作は、Swatchグループ・ハイエック会長の「ムーブメントを1つにしたらどうだ?」という一言により生まれることとなりました。

 

1つのムーブメントで3つの時間帯を表示することを可能にした自社開発モジュールを搭載し、従来のモデルでは3つあったリューズは2時位置と4時位置の2つになりました。

 

メインの時間帯(センター針)は2時位置のリューズを2段引きで、第2/第3時間帯はそれぞれ2時位置/4時位置のリューズを押すことで1時間ずつ調整ができ、時計を外すことなくGMTタイムの調整が可能になりました。

 

 

ムーブメント

キャリバー: GL 230(GL224に自社モジュール搭載)

機能: デイト表示、第2/第3時間帯表示

パワーリザーブ: 約38時間

 

ケース/その他

素材: ステンレススチール

風防: サファイアクリスタル

ケース径: 48mm

防水性: 20気圧

continous fine swiss watch making

since 1914